広島の新築一戸建て、注文住宅は自由設計のマエダハウジング

広島の新築一戸建て、注文住宅は自由設計のマエダハウジング

閉じる

施工事例

スキップフロアを採用し空間をムダなく隅々まで有効活用

 西区の賃貸マンションで暮らしていたM様ご夫婦は、お子さんが生まれるのを機に新居を計画。奥様の実家の敷地内にあった倉庫を取り壊して家を新築することにし、施工をマエダハウジングへ依頼した。「決め手は、家づくりへのこだわりが強かった私たちの要望に応えてくれようとする担当者の人柄。コーディネーターさんの提案にも感激しました」と奥様。ご夫婦の要望は狭小住宅のデメリットを解消できるスキップフロアの住まい。プランでは、シックな雰囲気の中にクロスや床で遊びを加えたデザイナーズホテルのような雰囲気を提案した。
 中2階のキッチンと2階のリビングダイニングで構成されるLDKは床に白と黒のフロアタイル採用して遊びをプラス。中2階と2階の段差を利用して食事もできるカウンターテーブルを設け、スペースを有効活用する。また、圧迫感のないスケルトン階段や吹き抜けで視覚的な開放感にもこだわった。「1階の4帖もあるウォークインクローゼットやキッチンの背面収納など、収納も充実。デッドスペースをつくらず、空間を余すことなく活用できました」と奥様。「高級感あふれる空間に大満足。賃貸の時から使っていたカウンターを活かした寝室のBARコーナーも最高!」とご主人も満足そうな笑顔を見せた。

3階ホール

WIC

レンガ調のクロスと木調のフロアタイルで温かな空間を演出した小屋裏のお子様用プレースペース。将来的には子ども部屋として使用する予定

1階のウォークインクローゼット。壁の3面にハンガー棒と棚を設置して、スペースいっぱいに収納できるよう工夫。中心に柱を立ててバッグや小物もしまえるスペースも確保する

キッチン

デスク・テレビボード

キッチンは吹き抜けに設けたFIX窓から陽の光が注ぐ明るい空間。奥様セレクトのステンレス製キッチンが映える。デザイン性の高いフロアタイルでホテルライクな雰囲気に

リビングに設けたPCスペースとテレビ台は、「家具を置きたくない」というご夫婦の要望に応えて造作したもの。飾り棚も設け、インテリアも楽しめる空間に

トイレ

トイレットペーパー収納

コンクリートの打ちっぱなしに見える壁は、ユニークなクロス。黒を基調にした遊び心いっぱいの空間に仕上がった。トイレは空間を広く使えるタンクレスを採用

壁に並べたペーパーホルダーをデザイン化したアイデア抜群の収納術。高いデザイン性と機能性を兼ね備える。黒を基調とした雰囲気ともマッチ

リビング

外観

白×黒のフロアタイルと黒いクロスを組み合わせた個性あふれるリビング。モノトーンを基調にした空間に、アクセントカラーの真っ赤なソファが映える

外壁は黒と木目調のサイディング。真っ赤な玄関トビラと、明かり取りの丸窓をアクセントにしたデザイナーズホテルのような雰囲気

玄関

主寝室

丸窓からしっかりと光が入る白を基調としたエントランス。奥にはベビーカーもすっぽりと収まるシューズクロークを備え収納力もばっちり

ご主人お気に入りのBARコーナーを設けた主寝室。グレーを基調とした空間に映えるトビラは造作したもの。「一日の終わりをここでのんびりと過ごすのが至福の時」とご主人

洗面・脱衣室

納戸へ

白を基調にした清潔感あふれる洗面脱衣室。床はウォークインクローゼットと同じフロアタイルを採用。造作の洗面台にはモザイクタイルをあしらって愛らしく

1階部分には、以前建てられていた倉庫の代わりになるスペースを確保。

M様

家族構成

ご夫婦+お子さま

施工期間

3.5ヵ月

Q 依頼先の決め手は?

担当者が話しやすく、わがままをいっぱい聞いてくれそうだったこと(笑)。予想通り、想いを全て吐き出せました。できることは努力してくれ、ダメなことはダメと言ってくれるところも心強かったです。

Q 完成した家の特徴は?

理想通り、高級感を持ちながら、自分たちらしい個性を持った家が完成しました。クロスや床で遊びを加えたプロならではの提案にただただ感激するばかり。想像を超える家に大満足しています。

お問い合わせ
TEL : 0120-164908
営業時間: 9:00~18:00

メールでのお問い合わせはこちら
資料請求はこちら

本店/府中店 広島県安芸郡府中町鶴江1-22-6 マエダビル