広島の新築一戸建て、注文住宅は自由設計のマエダハウジング

広島の新築一戸建て、注文住宅は自由設計のマエダハウジング

閉じる

施工事例

20代ご夫婦が叶えた!白×黒の高級感あふれるシンプルモダン

 西区で賃貸マンションに暮らしていたF様ご夫婦は、お子さんが生まれたのを機に、奥様の実家があり、子育て環境も良い安芸郡熊野町に家を建てることを決意。ハウスメーカー3社に相談したところ、間取りが最も気に入ったマエダハウジングに依頼した。
 ご主人の要望でめいっぱい広くしたLDKは、柱のない開放的な空間。対面式のキッチンに立つと、隅から隅まで見渡せる。また、「あまり家具を置きたくない」という要望に応え、必要な家具はデッドスペースなどに合わせてできる限り造作。予定していた60インチのテレビを設置するボードも、窓にかからないよう、コーナーを利用して造作した。大理石のような光沢を放つ床は、高級感がありメンテナンスも楽なDAIKENの「ハピフロア」を採用。真っ白な空間に黒ベースのアクセントクロスで遊びを加えたシンプルモダンな空間が広がる。
 奥様のお気に入りは、2階に設けたインナーバルコニー。窓の開閉で室内としても、屋外としても使えるスペースだ。「洗濯物を干したり、ゆったりくつろいだり、色々な使い方ができて便利」と奥様。
 「やりたかった事」をぎっしりと詰め込んで20代で叶えた夢のマイホーム。「賃貸で暮らしていた時とほぼかわらない負担で、希望通りの住まいに仕上がった」とご夫婦はほほ笑んだ。

LDK

PCコーナー

柱のない広々とした空間を実現したLDK。真っ白な空間に黒ベースのアクセントクロスやインテリアを合わせて、モノトーンのスタイリッシュな雰囲気に仕上げた

デッドスペースを活用して造作したPCコーナー。横のクローゼットは、中にコンセントを配して携帯の充電などができるように工夫。できるだけすっきりと暮らせるように配慮した

キッチン

シューズクローク

テイストに合わせてセレクトしたキッチン。回遊できる間取りにして、スムーズな家事動線を実現する。LDKを見渡せるキッチンは、「家事をしていても死角がないので安心」と奥様

アウトドア派のご夫婦のため、玄関には大容量のシューズクロークを設置。ゴルフバックやスノーボードなど大きめのアイテムもすっぽりと収納できる

外観

玄関ホール

外壁は耐久性が高くメンテナンスが楽なサイディング。赤い玄関トビラでアクセントを付けた。外観に合わせてシンプルモダンに仕上げた外溝は職人でもある奥様のお兄様が担当

真っ白な空間にニッチが映える玄関ホール。ニッチ内の壁はフラワーモチーフのアクセントクロスで遊び心をプラス。玄関のタイルと合わせてモノトーンを演出

子ども室

室内物干し

広々とした子ども部屋は、将来兄弟ができた時に2部屋に分けられるよう、ドアとクローゼットを2つずつ設置。ライフスタイルに合わせてフレキシブルに使用できる

インナーバルコニーは、奥様たっての希望で実現。壁は外壁と同じサイディングを採用。窓を設置することで、屋外としても屋内としても使える使い勝手の良い空間に

主寝室

畳コーナー

床のフローリングと壁のクロスで白をメインにした寝室は、壁の一面に黒ベースのシックなアクセントクロスをセレクト。収納力抜群のウォークインクローゼットも備える

長方形の畳を並べストライプに仕上げた畳コーナーは、お子さんのプレイスペース。「急な来客があった時にもトビラを閉めてしまえば、散らかるおもちゃも目隠しできて便利」と奥様

造作

 
 

必要な家具はできるだけ造作。60インチのテレビを設置するボードは、コーナーを利用して、空間を最大限に活かした。上部にも棚を造ってインテリアも楽しめるように

 

安芸郡熊野町 F様

家族構成

ご夫婦+お子さま1名

費用

約1500万円

施工期間

3.5ヵ月

延床面積

約113平方メートル

Q 依頼先の決め手は?

広々としたLDK、全体が見渡せるキッチン、子どもが遊べる和室など、私たちの暮らしにぴったりの間取りを提案してもらえたこと。予算内で夢だったモノトーンの家を建てることができるのも魅力でした。

Q 完成した家の特徴は?

白を基調とした空間なので、床の汚れや傷を心配していましたが、丈夫で掃除も楽なのでほとんど気になりません。クローゼット内のコンセントなど、小技が効いていてすっきりと暮らせています。

お問い合わせ
TEL : 0120-164908
営業時間: 9:00~18:00

メールでのお問い合わせはこちら
資料請求はこちら

本店/府中店 広島県安芸郡府中町鶴江1-22-6 マエダビル